BlueDream

趣味を増やしてあなたの人生に潤いと彩を♪

【スポンサーリンク】

オーストラリアのコンセントはハの字型~変換プラグを使っても延長コードは使えない!?~

f:id:Aoiyume:20170512220528j:plain

こんにちは、蒼夢(そーむ)です。

 海外に行くときに持っていくものの一つに”コンセント変換プラグ”があります。

今回はオーストラリアの家庭用コンセント事情に関して、僕が経験したことを紹介します。

 

オーストラリアのコンセントの形状

オーストラリアでは家庭用コンセントの形が日本のものとは異なります。

日本では平行な二本の縦線ですよね。

 

では、オーストラリアではどうでしょうか?

オーストラリアではカタカナの『ハ』の字型もしくはハの字の下に縦一本線が入った形となっています。

ちなみに下の一本線は”アース”です。

f:id:Aoiyume:20170512223548p:plain

 

オーストラリアで日本の電化製品が使えるか?

f:id:Aoiyume:20170512225053j:plain

最近の日本の電化製品は海外に持って行っても使えるものが増えており、スマホの充電器や小さな家電などは問題なく使えることが多いです。

 

家庭用コンセントの電圧

オーストラリアで使えるかどうかの確認法の前に・・・

 

日本の家庭用コンセントの電圧は基本的に”100V”です。

そして、オーストラリアの家庭用コンセントの電圧は

「240V!!」

なんと日本の2.4倍です。

日本の家庭用コンセント向けに設計された電化製品をそのまま使ってしまうとショートして壊れますので気を付けましょう。

 

確認方法

オーストラリアで使いたい電化製品の表示をよく見てみましょう。

例えば、今や海外に持っていくのが当たり前のスマホ・・・・・の充電器!!

正確には”USB変換アダプタ”の裏側の表示をよく見ると

f:id:Aoiyume:20170513013831j:plain

100V~240Vと書いてるのがわかります。

これは家庭用コンセント電圧が100Vの日本ではもちろん、240Vのコンセントまで使えるということです。

確か240V以上の国はなかったと思うので、スマホはどの国に行っても充電できるということですね。

 

ここに240Vの表示がないものはオーストラリアでは使えません。

 

変換プラグが必要

 実際に持って行きたい電化製品がオーストラリアで使えることが分かってもそのまま使うことはできません。

前述のとおりコンセントの形状が違う為です。

「じゃあどうすればいいの?」

ということで必要になるのが変換プラグ”です。

変換プラグはホームセンターとかで数百円程度で購入することができますので持って行く電化製品の数に合わせて購入していきましょう。だいたい2~3個程度あれば十分だと思います。

 様々な国で使える”マルチプラグ”なる商品もあります。こちらは少々お値段が上がりますがよく海外に行く人はこっちの方が便利ですね。

日章工業 変換プラグセット(Oタイプ2ヶ入り) L-04

新品価格
¥444から
(2017/5/13 02:00時点)

kwmobile ユニバーサル旅行用コンパクトアダプター 旅行先を選ばないフレキシブルなコンセント

新品価格
¥950から
(2017/5/13 02:04時点)

変換プラグを使うときの注意点

f:id:Aoiyume:20170512163443j:plain

変換プラグはあくまでもコンセントの形状を日本のものに変える為の道具です。

形状が変わったからと言って240V対応でない電化製品をつないだらショートします。

 

「そして!」

変換プラグで日本のコンセントの形にした所に”延長コード”は繋げるのか?

 

「こう考えた人は僕だけじゃないはず・・・」

 

結論から言いますと「使えませんでした。」

 

つないだ瞬間

  <<ボンッ!!

ってなってブレーカーが落ちましたww

(・・・笑いごとじゃないですよね、部屋を貸してくれたオーナーさんあの時は本当にごめんなさい。)

 

皆さんもオーストラリアに行くときは延長コードは要りませんよ。

変換プラグだけ持って行きましょう。

 

電気屋で売ってる延長コードの中には240Vでも使えるものもあるらしいです。

「↑ホントかよ(半信半疑)」

ちなみに、僕が持って行った100円ショップの延長コードや電機屋で買った1000円程度のものはダメでした・・・

 

どうしても使いたい電化製品があるとき

消費電力が大きなものは大抵オーストラリアでは使えないようです。

どうしても使いたい場合は、変換プラグではなく”変圧器”が必要になります。

 

ドライヤーなんかはかさばるし海外対応のものでない場合は、持って行かないで現地で購入しましょう。