BlueDream

趣味を増やしてあなたの人生に潤いと彩を♪

【スポンサーリンク】

オーストラリアで運転免許を取得しよう~日本の運転免許から切り替え~

f:id:Aoiyume:20170519204353j:plain

こんにちは蒼夢(そーむ)です。

オーストラリアでワーキングホリデー(以下ワーホリ)をしていると

「車で遠出してみたい!」

なんて思う人も多いと思います。

今回は僕が日本の自動車運転免許証からオーストラリアの免許証に書き換えたときの話とその方法を紹介したいと思います。

 

オーストラリアの交通事情

日本の自動車は”右ハンドル”、そして道路は”左側通行”ですがオーストラリアではどうでしょうか?

 

実はオーストラリアも日本同様、”右ハンドル”、”左側通行”なんです。

 

ということは・・・

「オーストラリアに来ても日本の感覚で運転できる!!」

 

また、”信号”や”標識”は多少は異なりますが、おおむね日本のものと同様ですので運転中にその意味が分からず交通違反をしてしまったなんてこともほとんどないと思います。

 

「ただし!!」

日本には無いものが一つだけあります。

 

それは”環状の交差点”でその名も

「ラウンドアバウト」

と呼ばれるものです。

 

”ラウンドアバウト”は日本の”ロータリー”に似たような形の信号のない交差点です。

 ラウンドアバウトに関しては以下の記事で詳しく説明しています。

www.bluedreams.xyz

 

 

本題に移る前に・・・

日本からオーストラリアに来る際にに”国際運転免許証”を発行してくる人も多いと思いますが、渡豪前にこの記事を読んでいる人は国際運転免許は作らずに以下を読んでオーストラリアの運転免許を取得することをおススメします。

 

日本の自動車運転免許から切り換え

それでは日本の運転免許をオーストラリアの運転免許証に書き換える手順を紹介したと思います。

 

免許切替申請に必要なもの

日本の運転免許からオーストラリアの運転免許に切り替える際には以下のものが必要となります。

申請前にあらかじめ必要なものを確認しておきましょう。

 

  • 豪政府公認翻訳家による(英語の)運転免許翻訳文書
  • パスポート
  • 日本の運転免許証(有効期限が切れていないこと)
  • 滞在先住所確認書類
 
日本の運転免許証を翻訳してもらう

まずは必要書類の一つである”英語の免許翻訳文書”を入手しましょう。

これには日本の運転免許をオーストラリア政府公認の翻訳家に翻訳してもらう必要があります。

 

僕の場合は、知り合いに翻訳家さんを紹介してもらって個人的に免許の翻訳依頼をしました。

 

「そんなコネ無いよ~」

 

って人がほとんどでしょうが安心してください。

 

シドニーにある”日本大使館”、もしくはブリスベンにある”日本領事館”にて約$20で翻訳を依頼できます。

また、留学エージェントを通してオーストラリアに来ている人はエージェントを通して翻訳してもらえることもあるようです。

 

必要書類をそろえて陸運局へ

免許の翻訳を入手したら、必要書類を持ってオーストラリア国内の陸運局(トランスポート)へ行きましょう。

 

なお、滞在先住所確認書類はTFN発行時の郵便や銀行からの郵便物など住所が記載された公共の郵便物で大丈夫です。

※この住所に後日免許証が郵送されてきます。

 

”サーファーズパラダイス”周辺に滞在している人は”バンドール”もしくは”サウスポート”の方にあるクイーンズランドトランスポートが近いです。

※運転免許証は発行した州のものになりますが、オーストラリア全土で有効です。

 

陸運局に着いたら

まずは海外免許書き換え窓口に行きましょう。

僕の場合は入口を入ってすぐ整理券発行機があったのでそれを受け取りました。

 

呼ばれたら窓口のおねえさん(とは限りませんがw)に日本の運転免許を切り替えたい旨を伝えましょう。

 

とりあえず

「I'd like to transfer from Japanese driving license.」

とでも言っておけばOKです。

↑蒼夢さんは英語が得意ではないので文法等の間違いがあるかもですが、とりあえず伝わればいいのです♪

 

すると申請用紙を書いたか聞かれると思うので「まだ」だと伝えると用紙と記入すべき項目を教えてもらえるので、記入したら再度同じ窓口に行きましょう。

(窓口に他の人がいなければすぐに行ってOKです。)

 

必要書類と申請用紙を渡し、問題が無ければその場で免許証用の写真撮影をして終了です。

※1年用の運転免許証は申請に$73.70の手数料が掛かります

 

免許証が届く

2週間ほどで免許証が滞在先に郵送されてきますが、それまで待てないって人は申請時に渡された”免許発行証明書”があれば運転してよいそうです。

また、日本の運転免許と翻訳文書を携帯することでも運転可能です。

 

まとめ

オーストラリアの運転免許証を作ってしまえばIDとしてもつかるのでパスポートを持ち歩く必要もなくなります。

オーストラリア国内で自動車の運転を考えてる人はぜひ免許証を作ってみてはいかがでしょうか。