BlueDream

趣味を増やしてあなたの人生に潤いと彩を♪

【スポンサーリンク】

【ヤフオク!】誰でもできるネット転売の始め方〈part4〉~オークション&フリマアプリの手数料比較~

f:id:Aoiyume:20170722174854j:plain

こんにちは、蒼夢(そーむ)です。

ヤフオクをはじめとするオークション、フリマアプリで出品する際に考えなければならないのが”手数料”です。

今回はそんな手数料に関するお話です。

各種アプリにおける手数料比較

以前ヤフオクでは無料会員は10%ヤフープレミアム会員は8.46%の落札手数料がかかると紹介しました。

もちろん、手数料はかからないに越したことはないので皆さん手数料が安い場での出品を考えることでしょう。

ということで、ヤフオクをはじめとした主な類似アプリの手数料を比較してみました。

 

  • ヤフオク→8.64%~10%
  • メルカリ→10%
  • オタマート→10%
  • フリル→0%
  • ラクマ→0%
  • モバオク→0%
(2017年8月現在)
 
これだけ見ると、フリル、ラクマ、モバオクが手数料0円なので一見よさそうに見えますが、よく考える必要があります。
 

フリルやラクマは・・・

”フリル””ラクマ”は現在手数料が0円ですが、フリルは売上金振り込み1回につき216円の手数料が掛かります。
また、ラクマも同様に売上金振り込みに216円掛かりますが1回の振込金額が10000円以上で手数料が0円になり完全に手数料を0円にすることができます。
どちらかというとラクマの方がお得ですね。
 
しかし!!
 
これらのアプリはユーザー数が少ない、すなわち過疎ってるので出品してもなかなか買い手がつかないこともざらにあります。
ただ、手数料0円で出品できるのは大きいのでおまけ程度にこれらのアプリを併用するのが良いでしょう。
 

モバオクは・・・

そして同じく手数料0円の”モバオク”ですが、こちらは確かに出品・落札手数料が0円ですが”月額会員費324円”が掛かります。
ですが、月額300円程度で出品し放題ということなので、大量に出品する人や高額商品を出品する場合にはとてもおススメです。
 

 

メルカリやオタマートは・・・

では、手数料が10%も取られる他のアプリはというと、
 
”オタマート”はユーザー数が少ないのでいうまでもありません・・・
 
しかし”メルカリ”はちょっと訳が違います。
スマホで誰でも簡単に始められ、操作もかんたんであることから、最近では”ヤフオク”以上にユーザー数を集め、注目されています。
ユーザー数が多いことや度々キャンペーン等により商品購入時に使えるポイントがもらえることから購入者が圧倒的に多いです。
 
正直なところ、手数料が安かろうが売れなければ意味がないので、そういう意味では”メルカリ”はある意味おススメです。
”ヤフオク”等他で売れないものも”メルカリ”ではあっさり売れることも少なくありません。
 

ヤフオクは・・・

最後に、”ヤフオク”ですが
月額498円払えば手数料が8.64%
無料会員はフリマ出品が手数料10%
 
無料利用するぐらいなら上で紹介した”メルカリ”の方がいいですし、月額払ってなおかつ手数料も取られることが初心者にとってとっつきにくい原因になっているような気がします。
 
ですが、さすがに長年サービスを続けている大手なだけあって、知名度が高い&常連ともいうべきユーザーがいることからそれなりに売れます。
(最近はメルカリに勢いを持ってかれてますが・・・)
 

結局どれがいいのか?

これに関しては「利用してみて使いやすいもの・自分に合ったものを利用する」ことに尽きると思います。

 

ですが、あえて言うならば

”ヤフオク””モバオク”のいずれか、もしくは両方をメインで利用しつつ、出品だけなら手数料のかからない”メルカリ”を併用する。そして、余裕があれば手数料無料の”ラクマ”や”フリル”にも同時出品する。

というのがベストではないでしょうか?

 

僕は”モバオク”に関しては詳しくないので分かりませんが、”ヤフオク”では購入希望者は勝手に入札していくのが当たり前なのに対し、”メルカリ””フリル”では購入前の確認連絡などが普通にできます。

 

つまり”ヤフオク”で出品しているものを同時に”メルカリ”等にも出品できるのです。

”ヤフオク”では入札前の確認コメントが無いので、あくまで”ヤフオク”をメインで利用することが前提です。